ラオス  
ルアンパバーン

 ルアンパバーン(Luang Phabang, Luang Pabang)は、ラオス北部に位置する古都です。過去にはタイ語からのローマ字表記が使われていたためルアンプラバンあるいはルアンプラバーン(Luang Phrabang、Luang Prabang)とも表記されます。ラオスの首都ビエンチャンからメコン川(Mekong)を約400km上流にさかのぼったカーン川(Nam Khan)との合流場所に位置しています。市街地自体が文化遺産としてユネスコの世界遺産(ルアン・パバーンの町)に登録されています。人口約16000人。
 古くはムアン・スア(Muang Sua)と呼ばれ、その後11世紀頃よりタイ名シエントーン(Xieng Thong)と呼ばれていました。1353年に初代の王ファーグム王(King Fa Ngum)によって首都とされ、1556年までラーンサーン王国(Lan Xang)の中心として栄えました。その後も、王朝の精神的象徴として1975年のパテート・ラオ(Pathet Lao)による共産主義革命が起こるまでは王宮が置かれていました。
 歴史的建造物としては、1560年にセーターティラート王(King Setthathirath)によって建てられたワット・シェントーン(Wat Xieng Thong)、1513年に建立されたラオス最古の寺ワット・ウィスナラート(Wat Wisunalat)、町を一望できるプーシーの丘(Phu Si)には1804年にアヌルット王によって建立されたタート・チョムシーと呼ばれる仏塔などがあります。プーシーの丘から町並みが一望でき、ルアンパバン名物でもある夕陽が荘厳です。
 
ルアンパバーン
 

ルアンパバーンのホテル

ルアンパバーンの観光名所:

ワット・シェントーン  ワット・シェントーン(Wat Xieng Thong):この寺院は、1560年にセティラート王によって王家の菩提寺として建立された寺院です。屋根が軒に向かって低く流れるように作られている、典型的なルアンパバーン様式の建物で、ルアンパバーンで一番荘厳な寺院と言われています。本堂裏側のタイルによって描かれた「生命の樹」のレリーフは素晴らしく、一見の価値があります。
 
 ワット・マイ・スワナプーマハム(Wat Mai Suwannaphumaham):1796年に建立された比較的新しい寺院です。五層の屋根は標準的なルアンパバン様式。本堂の壁にある釈迦の説話や、ラーマーヤナが描かれた黄金のレリーフは見逃せません。
 
プーシーの丘  プーシーの丘(Phu Si):ルアンパバンの中心近くに位置する100mくらいの丘で、300あまりの階段を上がりきると、頂上には1804年アヌルット王によって建立されたタートチョムシーと呼ばれる仏塔があります。丘の上からはルアンパバーンの箱庭のような町並みが見渡せ絶景。
 
ワット・ビスンナラート  ワット・ビスンナラート(Wat Wisunnalat):寺院内にある仏塔タート・パトゥムの形がスイカを半分に切ったような形から、ワット・マークモー(すいか寺)の別名があります。1513年ビスンナラート王によって木造の寺院が建立されたのが始まりです。1887年に中国雲南のホー族の侵入で破壊された後、19世紀末に再建され現在の本堂はコンクリート造りとなっています。本堂の窓は「クメール・シャム様式」の装飾が施されています。
 
 ワット・タートルアン(Wat That Luang):1514年にビスンナラート王によって建立されました。ビエンチャンのタートルアン(大きな塔)と同じ名前ですが、塔の規模ははるかに小さく質素な造りです。なお塔は、寺院の建立後の400年のち1910年シーサワンウォン王が建てたものです。
 
 王宮博物館(Royal Palace Museum):フランス植民地時代の1904年に当時の王シーサワンウォンとその家族の宮殿として立てられた。メコン川沿いに位置し、メコンを旅してきた公式客を出迎えるための桟橋を備えている。現在は博物館になっており、世界各国からの贈呈品や黄金仏などが展示されている。
 
クアンシー・フォール  クアンシー・フォール(Kuang Si Falls):ルアンパバーン市内より南に29kmの場所にある滝です。メコン川の支流のひとつで滝壷は深い緑色の水をたたえています。夏場には、滝つぼで泳ぐ外国人が多く見られます。滝の右側に道があり上まで行くことが出来ます。
 
少数民族村  街中の旅行会社で「クアンシー・フォールと少数民族村」へ行きたいと頼んで行きました。なので場所も名前も不明です。客寄せのために生活スタイルを実演していると言う感じの村でした。大人だけでなく子供も遊んでいたので、それなりに生活感はありました。
 
パークウー洞窟  パークウー洞窟(Pak Ou):ルアンパバーンの船着場から上流へ25kmの場所にあります。メコン川とウー川が合流する場所に洞窟があります。切り立った崖にあるのがタム・ティン洞窟、ここから20分くらい上った所にはタム・プン洞窟があります。洞窟の中には大小さまざまな4000体以上の仏像が安置されています。
 
バーン・パノム  バーン・パノム(織物の村、Ban Phanom):ルアンパバーンから車で20分程度の場所にある村です。機織りで生計を立てている村です。村の入り口には、土産物と布売り場の立派な売り場があり、村の家々では女性が機織りをしています。見学も可能です。
 
上記以外の、ルアンパバーンの写真
 

Copyright © 2005-2018 Laosing. all rights reserved.