ラオス 
ルアンパバーン > ワット・シェントーン

 ワット・シェントーン(Wat Xieng Thong)は、1560年にセティラート王によって王家の菩提寺として建立された寺院です。屋根が軒に向かって低く流れるように作られている、典型的なルアンパバーン様式の建物で、ルアンパバーンで一番荘厳な寺院と言われています。本堂裏側のタイルによって描かれた「生命の樹」のレリーフは素晴らしく、一見の価値があります。
 
ワット・シェントーン
 

 

Copyright © 2005-2018 Laosing. all rights reserved.